逝く夏


逝く夏、日本画

 

「逝く夏」

2006年 第56回  新興美術院展に出品(会員努力賞、巣居人賞を受賞)

サイズ・・・130号F

板パネル、ダンボール、雲肌麻紙、岩絵の具、黒箔、墨、ジェッソ

 

逝ってしまった人を偲んで想いをはせる。

金魚を薄墨の黒で描くことで、過去のモノクロの思い出を表現した。

なぜか私は金魚をモチーフに使うことが多い。

深層心理に何かあるのかも・・・。