久しぶりに日本画・・・


久しぶりに日本画

久しぶりに日本画を描き始めました。

50号Sサイズ、大分の県美展用です。

この6月の終わりから準備するなんて、ありえないくらい早いとりかかり。

まぁ、これには訳があって、7月のグループ展が終わったら、年末の個展に出す焼き物の作品に

取り掛かかって、8月末には成形が終わっていないといけないからです。

県美展は9月だったと思う。

それだと、日本画の草稿(下絵)はもう取り掛からんと、間に合わない。

ああ、ほんと県美展なんて久しぶり・・・

去年描こうと思って途中で挫折した草稿に手を入れてます。

去年描いていた時とは全くイメージが変わりました。

日本画は小下絵を描いてあらかたの構図や色などを決めそれを、原寸の大きさの大下図(草稿)

に書き起こすという作業をします。いわゆる絵の設計図ですね・・・。

日本画は本画で描き直しがあまりできないので、こういう作業工程の中で綿密に設計図を描くの

だと思います。

ただ、あまりそれを書き写してしまうと、絵の勢いが無くなったり、塗り絵的になってしまったり

するので、むずかしいところです。

私は小下絵は描かず、草稿でイメージをつかみます。

人物は結構描きこみます。まず顔ですね、顔は結構描きこんでイメージを膨らませます。

背景はほとんどイメージをつかむ程度できっちり描きません。モヤモヤしたままにして本画の時

の勢いで描きます。

人物画は表情が難しいです、目や眉でガラリとイメージがかわります。

今回は絵の中の少女がせつなそうな感じで私を見つめていたので(そんな顔になった・・・)、

自分の中でイメージが決まりました。

少女が寂しそうな顔してるなぁ・・・

なにか言いたそうだな・・・

背景はユリの花のフレスコ画の壁画が剥落したように描けたらいいなぁ・・・

雨が降っている感じ・・・

背中から虹がすっと出てたらいい感じ?・・・

足元に生のユリ散らすか・・・蛾なんかとまってたりして・・・

「雨のレクイエム」というタイトルはどうかな・・・

と、現段階はこんなことを想いながら、すすめていってます。

でもいつも、本画で変わることが多い私、設計通りいかないのが私。

どうなりますやら・・・。

なんとか今年は出品できたらいいなぁ・・・