atelier kotori

大分県日田市本町8-24

atelier kotori では、エトウクミによるイラストや陶のオブジェ、ランプなどの作品を常設展示販売しています。
ここは以前住んでいた古い小さなお家を、2010年にアトリエとギャラリーにリノベーションしたものです。
白くて小さくてかわいらしいアトリエになったので、kotoriという名にしました。

玄関入口の鳥かごのランプが目印です。 (*駐車場あります。お問い合わせ下さい。)
ギャラリーは企画展開催時以外は常時オープンしていませんので、来られる方は必ず事前にご連絡をお願いします。余談ではありますが、このギャラリーをリノベーションしてくださった店舗デザイナーのオフィス シュクリの宿利氏とはデザインの趣味が私とあっていて、ツーカーな感じで私のしてもらいたいことを理解してくれました。彼は一人で作業するので、すごく時間はかかりましたが、待ったかいがありいい感じに仕上がりました。このランプも名前をkotoriにすると宿利氏に伝えたところ、「じゃあ鳥かごをランプにしよう!」と即決。私のコレクションの鳥かごの中から選んで作ってくださいました。2010年7月に完成。しかし、残念なことに宿利氏は2012年に他界され、このギャラリーは彼の遺作となりました。

ここは最初アトリエとしても使用していましたが、制作の作業場として手狭になったのでアトリエを他所へ移しました。今はエトウクミ作品の常設ギャラリーとグループの活動の場として使っています。(*貸しギャラリーとしては提供していません。)

~atelier kotori デッサンの部屋「コトリの足あと」の活動~

「コトリの足あと」は、月一回鉛筆デッサンを中心に描いているデッサングループです。(*6人定員です。)
現在定員はいっぱいですが、皆さん絵心のある方ばかりで、画家、陶芸家、かつて家具デザイナー、趣味でイラストなど描いている方などイロイロ・・・。みんなで楽しくおしゃべりしながら、鉛筆デッサンしています。
グループの名前のとおり、小さくても足跡を残そうと毎年一回グループによる作品展を atelier kotori で開催しています。

アトリエ コトリの地図

大分県日田市本町8-24

atelier kotoriは道から左のお隣さんはレトロな感じの「リリー洋裁店」、右のお隣さんは「ビストロ菜の卓」です。
白いお家で鳥かごのランプが目印です。

* ギャラリーは企画展開催時以外常時オープンしていませんので、来られる方は必ず事前にご連絡をお願いします。
* 貸しギャラリーとして提供していません。
* 駐車場あります。( お問い合わせください。)


大きな地図で見る